【水産物応援商品・送料込】岩手県山田湾産 赤皿貝(1.5kg)[加熱用]

  • 1,500円(税込)

濃厚なだしの旨味はホタテ以上
料理の幅も無限大

赤皿貝(赤皿貝)は二枚貝の中では牡蠣やホタテ、アサリのように有名ではありませんが、山田町では古くからごはんのおかずとしておなじみの食材です。何と言っても濃厚なだしが出るのが特徴のアカザラ貝。そのだしの美味しさはホタテにひけを取りません。シーフードカレー、アヒージョ、アクアパッツァなど魚介のだしを楽しみたいお料理にもってこい。もちろん山田でおなじみの煮付けにも。一度試したらリピート間違いなしの優秀食材です。

山田ではなじみの食材 最新技術で全国に出荷

アカザラ貝はホタテと同じイタヤガイ科アズマニシキ属の二枚貝で、日本では北海道から東北に自生。牡蠣やホタテを育てる養殖ロープに付いて漁師を困らせるものでしたが、食べてみると焼いても煮ても美味しいことから、漁師の父が持って帰ってきて家族みんなで食べていました。牡蠣やホタテに比べると鮮度が落ちやすく痛みやすいことからなかなか遠方への流通に回ることはありませんでしたが、最近になってアカザラ貝が注目され私たちも貝が元気な状態で出荷する技術がわかってきたので、関東などの飲食店にも卸せるようになりました。

一般的には、赤くてザラザラした形だから三陸地方では赤ザラ貝と呼ばれたり、ホタテが皿貝と呼ばれるのに対して、赤い皿でアカザラ貝、とも言われます。(語源には諸説有り)
近年では、各漁業者のアカザラ貝の生産作業が丁寧に行われ、元気な状態で出荷出来るようになり、流通量が増えています。

おかずにも肴にも

大きさは成長途中のホタテくらいで貝の色は赤褐色。サラ貝と呼ばれていたホタテに対しアカザラ貝と呼ばれるようになったという説もあるそうです。山田では実は「ホタテよりもアカザラが好き」という人も少なくありません。生姜を入れて甘辛く煮付けたり、殻ごと焼いたり、酒蒸しにしたり、とごはんのおかずにも酒の肴にもなります。

だしの旨味を活かしたお料理にも試してほしい。アヒージョやパスタ、パエリアなどにすれば山田湾の恵みを味わっていただけるはず。まだあまり知られていない食材だからこそお料理好きな方に試してもらいたい食材です。

内容量赤皿貝 1.5kg
賞味期限発送日を含め4日間
生食について生食不可(加熱調理用)
到着後の保存方法10℃以下で保存
発送冷蔵
型番 SU00009
購入数

明神丸かき・ほたてきち

〒028-1311 岩手県下閉伊郡山田町大沢第9地割89番地14
TEL 090-4314-3992 [18:00-20:00]
★出漁のため日中は電話に出られない場合があります★

FAXでの注文も承ります。

専用のFAX用紙をご利用ください。
FAX 0193-82-3053

専用FAX注文用紙のダウンロード

上部へ戻る